2020/08/28

ハーブの収穫~ホーリーバジル編

「絵を描くようなブレンド」

ホーリーバジルを使用した「大地の祈り」をティーバックに詰めるとき「お花を描くように入れてね」と代表の内藤から教わりました。「どういうことかな」と思い、完成したものをみて納得しました。(写真)ホーリーバジルの茎の上に、マロウの青い花がのって、一つのお花がイメージできます。

こちらが中身です

ティーバックに収まるサイズのホーリーバジルの茎・葉・花と青い色のマロウの花。畑で風にそよぐハーブをできるだけ、その姿のまま詰めています。ティーバックの大きさは6mm×8mm。ティーバック作業のこだわりについては追って紹介いたしますが、まずはホーリーバジルの紹介と、ホール状でお届けするためのホーリーバジルの収穫作業をご紹介します。

ホーリーバジルにはいくつか種類がありますが、レティファームでは、日本ホーリーバジル協会より取り寄せているオオヤトゥルーシーの苗を使用しています。

標高850m程のレティの畑では、梅雨明けの7月末~元気に花が咲き始めます(写真)。畑では、花が咲いている部分から15~20cmあたりでカットします。暑さで蒸れることを防ぐため、畑での滞在時間を減らす必要があり、畑では大きめにカット。

洗ったホーリーバジルを、下の写真のように扱いやすいサイズ(だいたい4cm)の長さに再び切り、除湿乾燥させます。

左が乾燥前、乾燥しあがったものが右になります。こうすると、ちょうど花から葉の部分がティーバッグに収まり、あとの葉の部分を重さの調整に使用できるようになります。ハーブを収穫してカットする、なんてことのない作業ですが、ここでカットに手間をかけておくと、ティーバッグにつめる作業が楽になります。

ホーリーバジルは、古くからインドの伝統医学アーユルヴェーダでも用いられてきたハーブで、ヒンドゥー語では「トゥルーシー」英語では「ホーリー=聖なるバジル」、和名は「神目箒(カミメボウキ」と呼ばれ、日本でも年々生産者が増えてきています。香りも味わいも西洋のハーブにはないもので、甘みのある華やかな香りにスパイシーさが加わった唯一無二な存在感のハーブです。レテイファームでは、ほかの香りのあるハーブとのブレンドは避け、青い色の出るマロウのみと合わせ、ホーリーバジルだけを味わって頂くようにしています。ミントのような清涼感(スースーする感じ)はありませんが、飲んだ後のすっきりとした後味が心地よく、身体に沁みこんでいきます。クセになる味わいのホーリーバジル、まだ飲んだことのない方は、お試し頂きたいです。


Copyright Lehti © All Rights Reserved.